借金問題の法律相談をするときの弁護士の選び方

  • 借金の法律相談をするなら早期に行うことが良い

    • 貸金業者のサービスを利用して多額の借金をしてしまったときには、弁護士に法律相談をすることで的確な解決方法をアドバイスしてもらうことができます。



      弁護士に法律相談をすることで、貸金業者に対して過去の取引履歴の開示ができますので、利息制限法で決められている金利に基づいて借金額の引き直し計算が行われます。



      改めて引き直し計算を行うことで、本来の正しい借金額の残高を計算することになります。



      借金残高がマイナスになる状況の場合には、払い過ぎている利息である過払い金が発生していることになりますので、過払い金の返還請求を行うことで取り戻すことが可能です。



      取り戻すための過払い金返還請求に関しても、弁護士に法律相談を行うことができます。

      専門家である弁護士に法律相談をすることで、的確に手続きを進めてもらうことが可能ですし、貸金業者との交渉を行うためには法律的な知識が必要になってきますので、一般の人が独自に手続きを行うことは難しいと判断できるために専門家に依頼することが最も良い手段と考えられます。



      貸金業者から取引履歴を開示してもらう請求についても、貸金業者によってはなかなか開示に応じてくれない場合も考えられますので、専門家の弁護士に依頼したほうが、スムーズに手続きを進められるメリットがあります。



      取引履歴の開示請求を行ってから、1か月から3か月ほどの期間がかかるものとなりますし、各種の債務整理の手続きを行う場合も数か月から1年以上かかる場合もありますので、問題の整理をしたいと考えているときには早めに法律相談を行うことが早期解決するためのポイントと言えます。


  • 関連リンク

    • 過払い金とは本来であれば、支払う必要性のない金利の部分のことになります。クレジットカード会社や、大手の消費者金融業者のサービスを利用して借り入れをした経験のある人は多いと言えますが、ひと昔前までは利息制限法という法律で規定されているルールで適用されている金利の利率を超える、利息分の支払いを求めていた金融業者が多く存在しているために、利息を払い過ぎている利用者がたくさんいると考えられています。...

    • 貸金業者のサービスを利用して多額の借金をしてしまったときには、弁護士に法律相談をすることで的確な解決方法をアドバイスしてもらうことができます。弁護士に法律相談をすることで、貸金業者に対して過去の取引履歴の開示ができますので、利息制限法で決められている金利に基づいて借金額の引き直し計算が行われます。...